本文へ移動

ZEH普及目標公表

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)普及目標

株式会社イトー住建では、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及に向け、
以下の通り2020年度までのZEH普及目標を公表します。
 
                                                                                      ※実績
 
2016年(平成28年度)ZEHシリーズ受託率の合計を10%以上    0%
 
2017年(平成29年度)ZEHシリーズ受託率の合計を20%以上   12%
 
2018年(平成30年度)ZEHシリーズ受託率の合計を30%以上            -
 
2019年(平成31年度)ZEHシリーズ受託率の合計を40%以上             -
 
2020年(平成32年度)ZEHシリーズ受託率の合計を50%以上             -
 
 
※ZEHシリーズ受託率とは、ZEH受託率+NearlyZEH受託率の合計となります。
 
 
株式会社イトー住建のZEH普及策について
 
1.ZEHの周知・普及に向けた具体策
 住宅のエネルギー消費量が年々増加傾向にあるなか地域工務店としてZEH事業を有効活用し、
 今後建築する住宅のエネルギー消費量を正味(ネット)ゼロにする取り組みを推進します。
 当社はホームページ・現場告知等により周知・普及活動に積極的に取り組みます。
 
2.ZEHコストダウンにむけた具体策
 共同購入等の利用及び、新規購入先の検討・協議を行い、更なるコストダウンを計ります。
 エネルギー効率の良い設計提案に努めコストダウンを計ります。
 
3.その他の取り組みなど
 高効率機器の提案及び通風の利用・日射熱の抑制・取得等、設計提案時に検討します。
 ZEH普及目標に対し各年度毎に見直し・分析を実施し、次年度以降の計画修正に努めます。
 
 
TOPへ戻る