本文へ移動

耐震リフォーム

耐震リフォーム事例

全面リフォームと合わせて耐震

before
after
全面的なリフォームに合わせて
壁を構造部だけ残して解体したタイミングで耐震金物を設置していきました

断熱&耐震 あったか安心 昭和54築弊社施工

before
after
いつもいるお部屋を中心に耐震改修 
壁や床に断熱材、床暖房も設置して
耐震工事はガーディアンウォールを採用
天井は施工せずに壁の耐震補強ができました。

増築することで建物全体の耐震性UP

before
after

増築工事をする前に建物全体を耐震診断
増築部を中心に耐震壁を配置することで構造評点が1.0以上に。
補強計画に沿ってリフォームを実施。

各部屋に耐震壁を設置

before
after
もともとの壁を外すと壁の下地材の向こうは外壁のトタン
外気が室内に入りやすい状態でした
ガーディアンウォールを設置する壁は 断熱材を入れてあたたかく頑丈な壁にしました
もちろん床と天井を触らずに耐震補強工事が完了

最低限の工事で家全体を耐震補強 昭和53年築 弊社施工

before
after

耐震補強壁の設置場所によって、使用する部材も方法も変わります
1階では土台と基礎を連結する部材でしっかり固定
事前に計算した補強プログラムによって採用する部材を選定していきます

屋根の軽量化も重要な耐震工事

before
after
土葺きの瓦屋根を撤去
合板とルーフィングを新しくして ガルバリウム鋼板の屋根にしました
屋根の荷重を軽くすることは耐震補強計画の中で有効な手段

最小限の解体で耐震工事

before
after

家やご家族の負担を最小限にした耐震工事
天井と床はそのままで、壁も壁材や現場状況によっては
一部の壁をはがしてその内部に補強を加えるだけで済むこともあります。
補強する壁の数量は、現状を確認した後の補強計算によって算出されます。
家をなるべく傷めずに、工期や工事費の負担も軽減しました。

ガーディアンウォール
POINT

■効果・性能の明確化
1.効果
既存や新築を想定した筋交い試験等を行い、当工法との耐力比較ができ、補強後の効果がわかるようにしています。
2.性能
ガーディアンウォール工法の性能評価は、現在確立された試験方法により許容耐力にしています。

■耐震設計の制度
ガーディアンウォール工法は、耐震設計の制度を向上させるために、通常の評価試験では行われない現場の納まりに合わせた性能試験を多種にわたり実施しています。
TOPへ戻る