本文へ移動

バリアフリー・健康リフォーム

バリアフリー リフォーム

歩行の補助や転倒を防ぐ手すりの設置やスロープなど、動線に配慮した設置計画をご提案します。
 
イトー住建では、介護保険の住宅改修工事も数多く施工しています。
ケアマネージャーさんと打ち合わせをして、ご本人が安全に住まえるご自宅の改修を行います。

スロープ

before
after
玄関スロープ
玄関までのゆるやかなスロープを設置。
手摺りは2段階の高さで子どもから大人まで使いやすくなっています。

段差解消

before
after
廊下−和室の段差解消
ゆるやかな段差解消用スロープを設けたことで、
つまずきや転倒の恐れを防ぎ
安心して移動が可能。

手摺り

before
after
階段手摺り
急な階段の壁に手摺りを設けたことで
上り下りがしやすくなりました。
バリアフリーリフォームで安全、安心生活を
 段差解消
上り下りの急な段差は老人などの負担になります。それがもとで腰を痛めたり、足をくじいてしまうこともあります。快適な室内環境をお勧めまたこのような大きな段差以外にも室内の仕切りや扉などの小さな段差もリフォームして解消します。引っ掛けたりつまづくもととなる段差は事故が起こる前に改善したいですね。
 
 スロープの設置
スロープの設置により階段などの段差を解消する事ができます。また、車いすなどでの移動もスムーズに行えます。また、台車での荷物の搬入などにもとても便利です。
 
 手摺の設置
トイレ、浴槽など立ち座りの多い部屋などは手すりを設置すると越への負担が軽減できます。また、階段や廊下などの移動場所に手すりを設置することによってご老人が自分で何でも出来るといった自信を持ってもらえるといった精神的な自立を促す事ができます。


※ イトー住建では、介護保険の住宅改修工事も数多く施工しています。
ケアマネージャーさんと打合せをして、ご本人が安全に住まえるご自宅の改修を行います。

健康リフォーム

冬の寒さや夏の暑さは、住む人の健康に大きな負担をかけています。
健康に暮らすためには、家の中の温度差をなくし、ヒートショックを防ぐことが大切です。

内窓 ~窓の断熱リフォーム~

オススメ(オレンジ) 内窓取付
 今ある窓の内側に、内窓を取付けます。
 既存の窓との間に空気層ができ、
 断熱効果や防音効果が期待できます。
 ガラスタイプも色々選べます。
 写真のように、洋室に障子のタイプも
 趣があって素敵ですね。
 

断熱材を充填

CD壁や天井・床を断熱
 壁の室内側から、断熱材を充填。
 床や天井にも敷き詰めることで、
 外気の影響を受けにくくなります。
 

抗酸化性能住宅 ICASの家


木質炭素の力を最大限利用した「液状活性触媒炭(ヘルスコート)」を通電回路として、室内壁面に塗装したものと金属製カプセル(アダプター)とを接続し、室内の空気バランス(イオンバランス)をコントロールすることができるシステムです。
室内塗布 屋外設置
液状活性触媒炭(ヘルスコート)」を塗布することにより、室内の空気バランス(イオンバランス)をコントロールします。「液体活性触媒炭」は高温で処理された木炭粉末と特殊樹脂で作られる電気特性を高めた室内木炭塗料です。アダプターとの接続を行うことで、その電気的特性は高まり、木炭の力をさらに引き出すことで、室内の環境改善効果を高めることができます。 イオンコントロールアダプター
アダプターは地中深さ1500mmに埋設され、室内に塗装したヘルスコート塗装面と接続を行います。木炭の電気的な力で地球環境エネルギーを有効利用し、室内環境はもちろん、アダプターを埋設した周辺の土壌環境も改善します。
 
ヘルスコート・イオンコントロールアダプター
TOPへ戻る